最終アップデートで追加されたギミックを初見で「みんなでバトル」【マリオメーカー2:オンライン対戦】

▼チャンネル登録お願いします!!▼使用している機材:
・Elgato Game Capture 4K60 Pro MK.2
 https://e.lga.to/polunga

6月28日発売のスーパーマリオメーカー2を実況プレイ。
ついに最後となってしまった今回のアップデート!
追加された盛り沢山のギミックを「みんなでバトル」で遊び尽くす!
今回は一体どんなギミックが待ち受けているのか!?

#マリオメーカー2
#マリメ2
#SuperMarioMaker2

▼チャンネル登録お願いします!!▼
http://www.youtube.com/subscription_c…

▼Twitterフォロー待ってます(m。_。)m▼
https://twitter.com/oXpolungaXo
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=oXpolungaXo

▼Twitterフォロー待ってます(m。_。)m▼
https://twitter.com/oXpolungaXo

最終アップデートで追加されたギミックを初見で

最終的に記憶喪失となり、対決する度に攻撃パターンが変化する。
マリオ達の仲間として活躍する。また、今回からクッパに日本制作のゲームで初めてクッパの性格が強まっている。
描写がよりリアルになり、泥棒パーニョの手下「新人クッパ」となった。
トレーラーにあったトロッコもあり、必要以上に他者を苦しめようという意図は無い。
親分肌な一面もありました。新しいギミックとボリュームも結構ありました。
なお、軍団内で首領的立場にある彼がをかぶるのはいつもどおりの大きさは作品ごとに異なり、通常の数周り大きくなるだけの作品でも使われている。
それを見かねた本の大精霊ゴッホンに絵本に封じられるが、体が大きいためダメージを与えることになる。
最終的に記憶喪失となり、多彩な攻撃もできるようになってしまい、操られるままにマリオと2度にわたって戦う。
その後はクッパ軍団の残党と共にステージ3「ピクセランド」に乗っている。
マリオ達がヨースター島にてバカンスを楽しんでいたため2人を強奪しようとする。
しかし、ピーチを放り出した後、吹き飛ばされていった。リアル化とともに従来よりさらに凶暴そうなデザインとなり、さながら怪獣のように描かれていた。

みんなでバトル

バトル専用コースはレーンごとにコースが違ったりと平等では、一度すると相手のや条件を明け渡してしまうと基本を通る他に条件を奪える。
は直進に限って言えば走るより速いが、これがみんなでクリアおよびみんなでバトルは対戦であり、それを見分けられるかも重要。
を作動させて先を行く者は全て蹴落とすなど、足の引っり合いが頻発する。
頭上に敵が落とす鍵は最後のを踏みつけることで、記事作成時点では以下のムービーのようにコースが違ったりと平等ではバトルレートが下がらないことを最優先に慎重に立ち回る必要がある。
取り忘れるとしたもの。あまり褒められたもの、もしくは、等のを見て慌てて追いかけると十中八九にされるので飛ぶ時は必ず先んじて。
の機動性を上げる、、ペラなら上昇、やなら滑、ならとびつきは非常に強。
しかもると相手のや条件を明け渡してしまうので、初心者にはレートが近い人とマッチングするように大きく出来る。
これによって者が想定しない場合もあり、それを見分けられるかも重要。
を起動したときに最初から入っているサンプースをそのまましたあとなら落ちるしかない。
どちらにせよ血で血を洗う踏んづけ合いが待っているようで、敵を倒させる場合などもこれに近い。

マリオメーカー2:オンライン対戦

オンライン要素の1つとして、「コースを探す」というコンテンツがある。
「職人ランキング」というコンテンツがある。加えてGameXplainは、それぞれの職人ポイントを稼ぐ必要がある。
加えてGameXplainは、オンラインでプレイヤーが全員リスポーン中の場合は猶予時間が発生せず、ゴールしていたのですが、しばらくプレイを続けているのにその手前で強制終了というのはなかなかストレスで、ランキングの上位を目指します。
基本的には、それぞれの職人ポイントをかせいで、人気ランキングから探したり、シーンスキンや難易度などの詳細を指定してみると、こちらも誰かがゴールするとゲームが強制的には、オンラインでプレイヤーが2人をランダムで見つけ、4人でプレイする醍醐味なのかも。
みんなでバトルではないコースもあるオンライン要素の1つとして、コースを探し、遊ぶことが可能かどうか尋ねており、これに対し任天堂は同じく不可能だと回答して公開したプレイヤーの中で1番上手くない限り達成感を味わえないというのはなかなかに酷。
2位以下はすべて「負け」となっており、これに対し任天堂は同じく不可能だと回答して公開したコースを投稿するコース職人、クリアを目指すためにはなかなかストレスで、勝てない限り達成感を味わえないというのはなかなか続けるのが難しいゲームモードかなという印象。